数ヶ月毎に血液検査をして様子を見ていますが!今はこのフードと投薬(1日1回)です。1匹で食べるので開封後は小分けにして保存しています。甲状腺機能亢進と思われる子2匹が食べています。

1月9日 オススメ商品!

2017年01月09日 ランキング上位商品↑

クーポン【200円OFFクーポン1/12(木)1:59まで】【新春セール中】ヒルズ猫用 【y/d】 2kg

詳しくはこちら
 b y 楽 天 市 場

続けて半年位ですが!今の所正常値に近づきつつあるので!今後も続けます。食事療法は効果があったようで、症状が緩和されています。もう15歳なので痩せては来ましたがよく食べよく出し元気です。15歳のオス猫です。おいしく食べてくれて数値も安定して来ました。肋骨が見えそうなくらいだったんですよ。ただし量が多くうちは2匹なのでまだしも!1匹で1.8キロは酸化など劣化が心配なので小袋に分包とかしてくれるといいですね。ウェットとあわせて続けてみたいです缶詰とカリカリタイプの2つを試しました。1ヶ月でちゃんと効果が出ました。獣医師のアドバイスで購入しました。薬や手術などのネコにとって苦痛でしかない処置よりフードで症状が落ち着くなんて本当に助かりました。甲状腺障害が改善する事を願いつつ与えています。食いつきについては、喜んで食べるという感じではありませんが、とりあえず、残さずに食べています。動物病院で購入するより安かったので購入しました。少し油っぽいような気がします。フードのお陰なのか!薬量が増えないで(減らせませんが)維持出来ているので効果があるのだと実感しています。餌をたくさん食べるのにどんどん痩せてしまい診察したところ、甲状腺機能亢進症と言われました。食べ方にはムラがありますが!概ね食べてくれています。ずっと継続して食べさせていかなくてはならないので、お安く購入出来るのは有難いですね。甲状腺機能亢進症で!投薬前からフードをこちらに切り替えました。この度は年末の売り出しで!他店よりもお安く購入出来ました。2年半前に病気が判明してから!このフードと薬の量を調節する事で体調を維持しています。他の猫ちゃんは、一番美味しいご飯をもらっているこの子を羨ましそうに見ています。固めなので!マイナス1です。獣医さんに相談した所!そちらもシニア向けの療法食なので!食べずに痩せるより!これとロイカナと!半々でもいいから食べてくれた方がいいのとの事で!両方とも食べてます。病気のせいで、今までのカリカリはドカ食いしてたのに、y/dに変えてから、毎日適量で、落ち着きを取り戻しました。血液検査の結果もまずまずで落ち着いているので!続けたいと思います。こらからずっと続けていくので病院より安く買えるので大変助かります。本当はこれだけ与えるのがいいのでしょうか・・・。甲状腺機能亢進症の猫に買いました。以前の比較的安いフードを好んで 食べていたから逆に高いフードは果たして食べるかどうか心配で少しづつ混ぜて出しましたが!なんとか食べているので一安心です。ずっと y/d を続けるつもりです。2キロは一匹の猫ではなかなか食べ切れませんから、もう少し、小さい容量も出していただけるといいですね。ただ!うちの子の場合元々の数値が高かったので!投薬無しでは無理ですが!それでも薬の副作用が出ない状態で維持が出来ています。リピートです。実家の猫が甲状腺の病気になって動物病院の先生からの指示で食事療法を始めることになったため購入しました。9月5日に届き賞味期限は14年3月まででした。病気の子が2匹なんですが好き嫌いが激しく食べるか心配していましたが!1匹はとても良く食べてくれたので良かったです。甲状腺の数値が安定してくれると良いのですが。甲状腺の数値は少々高かった!もうすぐ19歳になる猫用です。(短いの?長いの??)医師の指導の下このフードを与えています。食べても食べてもやせていた二人が少しふっくらしました。高齢ニャンコに多い甲状腺機能亢進症用のフードです。。リピートです。単にチャック付きの袋では心配です。y/dを始めたばかりなので!まだ効果が出てるかは分からないが徐々に慣れて食べてくれる様になりました。ただしうちの子はあまり味が好きではないようで、他の子が食べてる、ロイカナの療法食を食べたがります。猫は気にならないようで!バクバク食べていますけど・・・。リピですが!この1年位ベタベタした感じで!粒どうしがくっつくのが気になります。15歳という年齢もあって、歯が悪く食べる時に痛みが出る時があり、ちょっと食べにくそうですが、y/d のおかげで、標準体重に戻りました。ヨウ素を絶対食事に入れてはいけないので、一生これしか食べれませんが、ちゃんと食べてくれてるので安心です。味の違いがわかるのか?カリカリを好みます。発病と同時に!フードを切り替えた為か!メルカゾールの薬量が増えずに維持出来ています。もう1匹の子はもともと缶詰派なのであまり食べてくれなかったようです。療養食なのによく食べてくれますし14才の雌猫にあたえてます。そのせいか、投薬開始後どんどん減薬出来て、安定した数値を維持出来ています。2012年6月に甲状腺機能亢進症と診断された13歳の猫に食べさせています。